腸内環境 ロッキード 2021/04/14 wed

過度な小麦が原料の食材や、炭水化物の摂取をここ数日控えているにもかかわらず、かえっておならも便も臭くなったような気がするのだが、それは腸に溜まったたんぱく質や脂肪を悪玉菌が分解した老廃物が、体質改善によってドバドバ放出され、かえって腸内環境が良くなりつつある現象なのだ、と思い込むことにする。

ここ数日間、雨降りだったり肌寒かったりなので、豆腐と野菜を入れまくりのキムチ鍋の晩飯で体内の暖を取る。

真山仁『ロッキード』(文藝春秋)読了。

三文日記

Posted by