羽生善治さんと電話 1999/04/05

次の新刊の新聞広告に羽生善治氏の言葉を使うことになった。

自宅に電話、交渉、あっさり承諾をいただく。

テレビで見た通りの爽やかさ溢れる話ぶり、好感を持った。

三文日記

Posted by