家族でショッピング 1999/09/04

2020-03-16

息子の首がいまだ座らず、女房は滅多に外出が出来ないため、外食もここのところまったく無し、行き着けの数店には随分とご無沙汰をしてしまっている。

とはいえ、気分転換も必要なので、首が曲がらないよう慎重に息子を抱き、女房と一緒に近所のショッピングセンターを散策するも、重くなった息子を抱えて長時間歩いたため、肩と腰が辛い。

別冊宝島『自殺したいひとびと』読了。

三文日記

Posted by