ラブ&ポップ サーロインステーキ 2000/02/06

2020-03-14

独白がもろ『エヴァンゲリオン』だけれども、カメラワークが新鮮で映像の移動テンポが非常に心地よい庵野秀明監督の『ラブ&ポップ』を今さらながら鑑賞。

女房と息子で「シズラー」へ行きサーロインステーキとサラダバーで満腹満腹。

息子と一緒にラインハルト・ミヒル、ティルデ・ミヒェルスの絵本『ゆきのよるのおきゃくさま』読了。

三文日記

Posted by