フッサール読了 六本木で呑み 2000/06/13

2020-03-20

淡々と仕事をしつつも、時計を見ると11時を回っていた。

夢中になっていると、詐欺のように時間の流れが早い。

フッサール著・長谷川宏訳『現象学の理念』を読んだ後、Y嬢と六本木で呑み。

三文日記

Posted by