村上龍の新刊・希望の国のエクソダス 2000/07/26

2020-03-19

帰宅後、歩くのが面白くてしょうがない息子を連れて近所を散歩。

5メートルに一度の割合で転ぶが、すぐに立ち上がり、トコトコと俺についてくる。

村上龍の新刊、『希望の国のエクソダス』を読んでいるが、今回はなかなか面白い(もっとも、まだ前半部なので、なんともいえないが)。

三文日記

Posted by