近所の骨董屋さんの本 2001/01/17

羽深律『お宝ハンター鑑定日記』読了。

最後のページに掲載されていた著者の営む骨董屋の写真、そしてプロフィールを見てビックリ。

この骨董屋は家の近所だし、著者は会社勤め時代に小説新潮新人賞を受賞し、フリーのライターを経て、古物商を営むという変わった経歴の持ち主だが、なんと昔はうちの会社の社員だったのね……。

三文日記

Posted by