八重洲B.C.でサイン会 2001/03/05

私が広告で「シルエット」のモデルをやった新刊の著者サイン会、八重洲ブックステンターにて。

古臭くて良い味わいのジャケットに惹かれて、ジョージ大塚の『Page 1』というアルバムを購入するが、なかなかどうして、ジャケットからイメージされる古くささからはほど遠いモダンで切れ味鋭いシャープなピアノトリオで、特にジョージ大塚のシンバル・ワークは一瞬トニー・ウイリアムスを思い出してしまったほど。

クインシー・トループ著/中山康樹・監修/中山啓子・訳 『マイルス・アンド・ミー 帝王の素顔』読了。

三文日記

Posted by