鼻水止まらず 矢野誠の『あむ』2001/03/19

風邪なのか、花粉症にかかってしまったのかは定かではないが、鼻水がグシュグシュと止まらなかった一日で、打ち合わせにもティッシュの箱をドン!と持参して臨むほどだった。

ピアノの和声感覚が何となく矢野顕子的で心地よい引っかかりを感じる矢野誠の『あむ~Chorusing』を聴く。

矢野誠が矢野顕子的というよりかは、矢野顕子が矢野誠的と言うべきもしれないが、ま、どちらでも良いのだが。

三文日記

Posted by