バーで独り呑み レイ・ブライアントのピアノ 2001/03/29

一人いつものショット・バーのカウンターで呑み。

まるっきり自分のピアノがお目当てじゃなかった2,500人の観客を引きつけ、一気に盛り上げてしまうレイ・ブライアントの『アローン・アット・モントルー』のドライブ感溢れるピアノを久々に聴き、楽しい気分に。

別冊宝島編集部編『裁判ゲーム』読了。

三文日記

Posted by