ゲラ読み ファミレス 2001/06/28

来月発売予定の小説のゲラを一気に読み倒す。

題材と着眼点がなかなか奇妙で面白く、簡潔な文体と無駄な描写を排した小気味良いストーリー展開だったので、私が嫌悪する閉塞された村社会と、黒澤明の『生きる』を彷彿させるような唾棄すべきお役所社会を中心に描かれていたにもかかわらず、本当に僅かな時間で読み終えてしまった。

息子と女房と近所の和食ファミレスへ行き、天ざる、天丼、寿司、カレーライスの夕食。

三文日記

Posted by