細野不二彦の『Blow Up!』2001/07/09

細野不二彦の『Blow Up!』が一冊の文庫になっていたので買って読む。

この人の漫画って、『ギャラリー・フェイク』もそうなのだが、膨大な知識量を読者に重たく感じさせない程度に小出しにするのが上手く、おまけにストーリー展開のテンポも軽やかなのだけれどもツボを押さえるのが非常に上手く、締めるところはピリッと締めているので好きだ。

『機動戦士Zガンダム』、30話まで再鑑賞。

三文日記

Posted by