うなぎの肝 するつもりないのに禁煙本 2001/07/26

2020-04-02

めずらしく9時前に仕事を終わらせ、めずらしく家に直帰、うなぎと肝を2人前平らげ、息子と遊ぶ。

アレン・カー著・阪本章子訳『読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー』読了。

周囲の数人がこれを読んで本当にやめたみたいなので、どういう語り口と脅し文句が書かれているのかに興味を持ち、試しに読んでみたのだが、冷やかし半分で読んでも仕方がないわけで、禁煙するつもりは今のところない。

三文日記

Posted by