サザンのベスト 昼も夜もイタ飯三昧 2001/08/22

デビュー当時から、ものすごく大嫌いな、サザン・オール・スターズという名前のバンドの有名曲《いとしのエリー》という名前の、これまた、ものすごく嫌いでカラオケなどで歌うヤツが出てくると本当にジンマシが出てくるほどの曲(同タイトルのマンガは嫌いじゃない)が入っている『10ナンバーズ・からっと』というアルバムを購入した。

なぜかというと、来月の野外ライブで、ギター弾き語りのへルプをすることになりそうなのだが、歌い手が、この曲をやりたいそうなので、こちらとしても曲を覚えて練習しなくてはならないし、私個人としてはこの曲のパクリネタの可能性の高い、マレーナ・ショウの『フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ?』というアルバムの「ユー・トート・ミー・ハウ・トゥ・スピーク・イン・ラブ」という曲を演奏する方が、100億倍ぐらい素晴らしいことだと思うのだが、弾き語りの人はこの曲知らないのだから、仕方がない、きちんとヘルプとしての任務を全うすることにしますよ、この曲だけは当日にドタキャンするかもしれないけど。

朝から猛烈にオリーブ・オイルの味と香りが恋しかったので、昼飯は会社近くのイタ飯屋で、サラダとペンネ・アラビアータとサーモンとカボチャのクリームソースがけのチキンとコーヒーのランチセット、夕食は自宅近くのイタ飯屋で、女房と月光の3人で、エビとイカが山盛りのマリネ、真鯛のポテト包み焼きや、鳩肉、グラッパなどで、ああ、イタ飯ばかりの一日で、幸せ&満足。

三文日記

Posted by