渋谷でジャズCDの買い物 味落ちラーメン 2001/11/19

渋谷へ行き、ディスク・ユニオンで、ゲイリー・カーや、オルケストラ・ド・コントラバスら、コントラバスの名手の演奏を集めたコンピレーション盤 『低音王』(Seven Seas)、持っていたのに無くしてしまったマイルスの『ジャズ・アット・ザ・プラザ vol.1』(CBS)、アート・ファーマーの『ジ・アート・ファーマー・セプテット』(Prestige)、フィニアス・ニューボーン Jr. 『ハーレム・ブルース』(Contemporary)、チャーネット・モフェット 『ビューティ・ウィズィン』(Blue Note)、アンドリュー・ヒル 『エターナル・スピリット』(Blue Note)を購入。

先日、味が落ちたんじゃないかな?と日記に書いた「蔓○ラーメン」だが、もう一度味を確かめに行き、今回は最もオーソドックスな醤油を食べてみたが、麺の湯切りが悪いのか、箸で麺をすくうと底のほうからぼってりと麺同士がくっついたカタマリが出てきたり、スープの味もアクというか臭みの強い風味になっており、開店当初に比べると、格段に味が落ちたとしか思えず、開店当時したときは、おいしいラーメン屋が開店したよ、と色々な人に勧めまくっていたが、これに関しては撤回せざるを得ない。

エリック・シュローサー・著/楡井浩一・訳 『ファスト・フードが世界を食いつくす』読了。

三文日記

Posted by