「食用ムーミン」のサウンドコンビネーション 2001/11/29

1年ちょっと前に秋葉原で演った「食用ムーミン」の映像が急に見たくなったので、見る。

ドラムとベースというと、「リズム・コンビネーションの大事さ」のようなことが語られがちだが、ドラムの渡辺男爵のドラムは、私の「みゃらみゃら」したベースと非常にマッチしていると前々から思っていたが、男爵と私のリズムセクションに関していえば、リズム云々以前に、互いが発するサウンドのブレンド具合というか、音色のコンビネーションが、とても面白い効果を出していると思うのだ。

バルバラ・ベルクハン・著、瀬野文教・訳『アタマにくる一言へのとっさの対応術』読了。

三文日記

Posted by