デッド・オア・アライブを店頭でプレイ 2002/02/03

『探偵物語』の14巻(最終巻)と、『仮面ライダーX 1~4話』のビデオを借りてきて観る。

近所の蔦屋に、『デッド・オア・アライブ』という格闘ゲームが出来るXボックスの店頭用サンプルがあったので、Hitomiという女の子のキャラを選び、やり方など全く分からないまま(何しろボタンが多くていちいち覚えていられないのだ!)、キックだけで間合いを測りながら闘っていたら、どんどん敵をノックアウト、次々と新しいキャラと闘うことになってしまい、気が付けば周囲に人だかり、「蹴り」のボタンしか、このゲームの操作方法を知らない身としては、ちょっと恥ずかしく、冷や汗ものだった。

近所のとんかつ屋で夕食、生の大ジョッキをグイグイやりながら、ヒレカツ重。

三文日記

Posted by