カフェモンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

エッジのない音楽・ある音楽 2002/02/14

   

パーシー・ジョーンズが以前インタビューで、「ボクはフュージョンが嫌いだ、エッジというものがまるで無い」と語っていたが、私も同感で、真剣にスピーカーの前にかぶりつくように対峙して聴く音楽なら、エッジのある音楽のほうが好きだ(もっとも、BGMとして聞き流すには、ほにゃらけたエッジの無い、ぱにゃりらりぃな音楽も嫌いではない)。

私の感じるエッジとは、音色でもフレーズでも手法の問題でもなく、要するに演奏者の音楽に取り組む姿勢、マインドの問題なのだと思う。

ちなみに、私の音にはエッジがない甘っちょろなので、それとは直接関係はないが、今日も呑み。

 - 三文日記