ウォルター・デイヴィスJr.のアルバムではないほうのスコルピオ・ライジング 2020/04/19

トリオセンスの『スコルピオ・ライジング』を聴く。

ジャケ写もピアノもセンス良いと思うんだけど、そして卓越したリズムセクションの小技を楽しめるといえば楽しめるんだけど、正直あまりガツンとくるものが無かった。

大嶋信頼『「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法』(すばる舎)読了。

三文日記

Posted by