セミプロヴォーカル女子2人と朝までカラオケ 2002/05/10

歌の大好きな女の子2人と渋谷で呑み&カラオケ。

一人は、プロは目指していないが、毎週歌のレッスンを受けている聖歌隊出身の子で、腹筋1日200回による基礎体力がバッチリで、柔らかいながらも声の良く通る子で、もう一人はプロを目指していて、プロのレッスンを受けてはいないが、独学でジャズ、ボサ・ノヴァ、雅楽、ロック、ラテンなど様々なジャンルの演奏家と共演すると同時に、毎週ライブを行なうことによって場数とキャリアがバッチリな子。

カラオケでは、色々な歌を二人がハモリを効かせながらデュエットをしていたが、二人の声は、ほろ酔い加減の私の身体の細胞の隙間から心地よく進入してきて、身体の内側を心地よくクスグってくれたので、「声色」以前に、「声のバイブレーション」で、「耳」ではなく「身体」を震わせられたのは本当に久しぶりの体験だったので、嬉しくなって朝まで呑み。

三文日記

Posted by