吉祥寺で寺島靖国氏とバッタリ 2002/05/19

相川七瀬のコピーバンド「PARADOX」のライブを観に、吉祥寺のライブハウスSilver Elephantへ息子を連れて行き、ライブが終わって吉祥寺の雑踏を歩いていたら、偶然ジャズ喫茶「メグ」のマスターでもあり、私の尊敬する文筆家でもある寺島靖国氏とバッタリ合い、氏はスポーツ・ジムへ行く途中で、私はこれからディスク・ユニオンでCD漁りをするのだと言ったら、「相変わらず君も“ジャズっ気”が抜けてないねぇ」と苦笑いされてしまった。

そのディスク・ユニオンだが、数ヶ月前に吉祥寺のジャズ喫茶「A&F」が店を畳んだこともあり、「A&F」が所有していたCDが格安で放出されていたので、以下のCDを購入。

阿部薫『彗星パルティータ』(Kenrood Music)
アンドリュー・シリル『マイ・フレンド・ルイス』(Diw)
デューク・エリントン『ザ・1954・ロス・アンジェルス・コンサート』(Gnp Crescendo)
スティーヴ・レイシー『ザ・ストレート・ホーン・オブ・スティーヴ・レイシー』(Candid)
サイモン・ナバトフ『スリー・ストーリーズ、ワン・エンド』(ACT)
バド・パウエル『タイム・ウォズ』(Bluebird)
ソニー・ロリンズ『ノー・プロブレム』(Milestone)

女房といつものイタ飯屋で合流し、ちょうどイタリア修行から帰ってきたシェフが、先月に頼んでおいたカラスミ(ボラの卵を加工したもの)を買ってきてくれていたので、私が考案したレシピに基づいたパスタを作ってもらい、ほか、レアの牛フィレとフォアグラのマルサラソースがけなどを喰い、腹一杯の気分大満足。

三文日記

Posted by