ジャズ詩集 ジャズ小説 2002/05/20

メルマガの読者の方から、その方が出版されているジャズの詩集と小説が届けられた(ありがとうございます!)。

取りあげられているジャズマンや、彼らの出す音の比喩が巧みで面白く、詩を解さない私でも楽しめ、自分自身とは違う眼差しで注がれたジャズの姿が、シンプルな言葉の組み合わせだけで、クッキリと浮き彫りになっていたので非常に興味深い内容だった。

藤村正宏『「ニーズ」を聞くな!「体験」を売れ!』読了。

三文日記

Posted by