渋谷 矢島雅己、ヒロコ・グレース両氏の対談 2002/05/22

「決算書ブーム」ということで、昨年ファイナンシャル・プランナーの資格を取得したヒロコ・グレース嬢と、公認会計士の矢島雅己氏の対談という、某誌が設定した企画の立ち会いのため、渋谷のホテルへ。

さすがに勉強熱心で頭の回転の速いグレース嬢(おまけに美人・にこにこ)と、「これからの時代、“サラリーマン”は“ビジネスマン”を目指すべきだし、そのためには決算書ぐらい読めなければ“ビジネスマン”とは言えない」と主張する矢島氏の対談は、聞いていてとても興味深かったし、得ることも多かった。

対談・取材を恙なく終えた後、タワーレコードに寄り、メルマガの読者から、メルマガで取りあげて欲しいとリクエストのあった以下3枚のアルバムを購入するが、最近は未聴のCDが山積された状態が続いているので、耳を通すのはいつの日になることやら……。

キース・ジャレット『ウィスパー・ノット』(ECM)
ケイコ・リー『ライブ・1999』(SME Records)
ハービー・マン『メンフィス・アンダーグラウンド』(Atlantic)

三文日記

Posted by