椎名林檎の新譜 唄ひ手冥利 2002/05/24

椎名林檎の新譜『唄ひ手冥利』を購入。

2年ぐらい前に、彼女には積極的にカバーをやって欲しいというエッセイ「林檎的4ビートの悦楽(⇒こちら)」を書いたこともあるが、やはり彼女のように「力」のある歌い手は、既存の曲や、手垢のついた曲でも、自分の土俵に引き寄せるだけの「腕力」と、それを自分流に歌い倒すだけの「力量」を存分に持っているのだから、オリジナルも良いが、たまにはこのアルバムのようなカバー路線をやることには大賛成だし、こういう大胆な選曲のカバー・アルバムを出せるのは、実力のある本当に一握りの歌い手だけに許された特権といえよう。

まだ4~5回しか聴いていないので、突っ込んだ感想は後ほど書くとして、現時点での印象といえば、林檎流に歌い倒している歌半分、軽く表面をなぞるだけに終始している歌半分といった感じ。

三文日記

Posted by