ユニコーンバンド、ライヴ出演中止 2003/04/11

先日、ユニコーンのコピーバンドのライブにヘルプで出演することを承諾して以来、今まではいまひとつピンとこなかったユニコーンの世界に近づき、身も心もユニコーンに染まろうと、ベスト盤を買い、ライブのDVDを借り、毎晩それを見たり聴いたりしながら、別冊宝島の『音楽誌が書かないJポップ批評22ユニコーン&奥田民生の摩訶不思議』とユニコーン関連のWebサイトを読み漁り、朝の通勤、昼のティータイム、晩の帰り道にはウォークマンでユニコーンを聴き、飲み屋で歌うカラオケはユニコーン、飲みに行かない夜はパソコンに課題曲のコード進行を打ち込んで、自分なりのベースラインを考え、朝は6時に起床して1時間はかならずユニコーンの曲を通しで二回ずつ弾くという生活を続けていたが、今朝、ユニコーンバンドのリーダー格の人から、「ライブ出られなくなりました」というメールが届いた。

なんでも、キーボーディストが首の骨に異常がある事がわかり、2週間の絶対安静を病院から言いわたされ、ギタリストは気胸が再発し、練習とライブが不可能になってしまったのだとか。

仕事で徹夜、朝帰り。

三文日記

Posted by