フレットレスベース エポキシコーティング 2003/09/27

息子の音楽教室に付き添った後、フレットレスの指板表面に薄くエポキシをエアガンで吹いてコーティングしてもらうために、お茶の水の「オールド・ギター・ガレージ」に’65年ジャズベースを持って行く。

乾燥剤を含まないエポキシを指板表面に吹き付けるため、乾燥するまでにはなにしろ時間がかかってしまい、塗装が完全に乾いてから表面加工の作業に取り掛かるため、一ヶ月ほど時間がかかるとのことだったが、特に急いでいるわけではないのでお願いすることにする。

61年もののジャズベースが入荷していて、その値段、実に190万円!

三文日記

Posted by