いーぐる 軍鶏屋 徹夜 2004/03/09

ザクザクした感触と、カークのようなフルート、そしてバツグンのノリが楽しいサヒブ・シハブの『サヒブズ・パーティ』のかかる四ツ谷の「いーぐる」にて読書。

Norah嬢と軍鶏屋で、泡盛とともに軍鶏の串と軍鶏のサラダと軍鶏の鍋。

会社に戻って朝まで仕事。

三文日記

Posted by