世のため、人のため、そしてもちろん自分のため 2000/07/12

このページ立ち上げ草創期から、コンテンツの一案として、「頭がよくてエッチな女性を見つけて、赤裸々な交換メールを公開する」という企画を考えてはいたのだが、何だかイヤミったらしい内容になりそうな予感もあったので、保留のままにしていた。

ところが、同じようなことを考えていたのね村上龍も、の、村上龍+藤木りえ『世のため、人のため、そしてもちろん自分のため』を読了。

意味ありげそうだけれども、ちょっとあか抜けないタイトル、相手女性のセレクション、そしてエッセイとまったく同内容の変わり映えのしない主張を、20以上年下の女性に一生懸命説いている滑稽さは、相変わらずも俺の大好きな村上龍でした。

三文日記

Posted by