映画三昧、締めは居酒屋、リー・モーガン 2020/02/04

2020-03-13

安田顕、麻生久美子の『俳優 亀岡拓次』(監督:横浜聡子)と、門脇麦、三浦貴大の『世界は今日から君のもの』(監督:尾崎将也)を観る。

足立梨花、田村侑久の『キスできる餃子』(監督:秦建日子)と、観月ありさ、谷原章介、斉藤由貴の『BABY BABY BABY!』(監督:両沢和幸)と、長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生の『空飛ぶタイヤ』(監督:本木克英)を観る。

晩飯は晩年のリー・モーガンを聴きながら一人居酒屋。

三文日記

Posted by