ジャズとプラモの共通点 2020/03/22

一見シンプルですっきりした印象ながら、よく見ると様々な情報が封じ込められ、そこから醸し出る味わいやコクを楽しみたい。

これ、昔から私が目指していることで、最近はめっきり曲作りをしなくなっているが、若い頃はサルのように熱中していた宅録や、ここ数年、毎日ちまちまと作っているプラモ作りのモチベーションもじつはそこにあったりする。

何の接点や共通項もなさそうなジャズとプラモかもしれないが、私にとっては、情報とニュアンスを追求する格好な素材なんだよね。

三文日記

Posted by