蒙古タンメン ヴィヨンの妻 2020/06/07

先日、息子がセブンイレブンで売っている蒙古タンメンのカップヌードルを深夜に食べているところを見ていたら、久々に蒙古タンメンを食べたくなり、食べに行く。

私にとって蒙古タンメンの辛さは物足りなず、かといって北極ラーメンほど辛いと味わって食べる気持ちがなくなり戦闘的な気持ちになってしまうので、その中間の辛さを得るために、カウンターの上に置いてある唐辛子のパウダーを3カップほどと、お酢を丼を一周するようにグルリとかけて食べるのが、私好みの辛さと味なのだが、なんとコロナ禍の影響なのか、カウンターの上に置かれている調味料類は、一切カウンターの上に置かれておらず、頼んだ蒙古タンメンはアレンジなし、つまり私にとっては、単なる麻婆野菜ラーメンを食した程度の満足度に終始した。

松たか子、浅野忠信の『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』(監督:根岸吉太郎)を観る。

三文日記

Posted by