逃げ恥 結婚ゲーム 2020/07/01

リアルタイムでの放送は見逃していた『逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)』が、先月より再放送されているので、暇な時に少しずつ観ている。

枕詞の「ムズキュン」とは言い得て妙で、80年代思春期世代としては、なんとなくだけれども、「なんかじれったいよなぁ」な感じ、しかし「なんかみちゃうんだよなぁ」な感覚は、村生ミオの『結婚ゲーム』や『胸さわぎの放課後』を思い出してしまうのだよね。

星野源の役柄は映画『箱入り息子の恋』を彷彿とさせるが、先日、ドラマ好きの子に「ああいう自称プロの独身、高齢童貞ってどう思う?」と尋ねたら、「可愛い」という返事が返ってきたことには驚くも、それはきっと星野源だから可愛いく感じるのだろうと思った。

三文日記

Posted by