カフェモンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

寂寞たるasyunc 2021/01/24 sun

   

昨日より引き続き冷たい雨、シンシンと身体の奥に染み入る冷気、ゆえに自然と陰鬱な気分になりがちで、であればいっそのこと、もっと陰鬱な気分になってやろうとばかりに坂本龍一の『async』を大音量で聴くが、深みのある音蔵と、神の領域ともいうべき音の配列・距離感に心打たれ、陰鬱な気分になるどころか、卑小なことに捉われている自分の小ささを心地よく自覚し、寂寞たる別世界に誘われるがまま蕩然とした気分になっていた。

晩飯はおでんと納豆ご飯。

「ほぼ徹」で、タミヤ1/35のチャレンジャーの組み立てを完了させた。

関連記事

>>シリアスな世情と天候にCHASMとasync 2020/04/13 mon
>>打!が心地よい《async》/坂本龍一
>>坂本龍一の《async》と『エスペラント』の“打”音

 - 三文日記