hitomi 北の国から 2021/04/03 sat

再放送中の『できちゃった結婚』を懐かしい気分で観ている(主役の二人はそれほど今と変わらないが、阿部寛、妻夫木聡、石田ゆり子、片瀬那奈は若い!)。

hitomiが歌うエンディングテーマの《IS IT YOU?》も懐かしく感じ、日に10回以上のヘヴィローテーションを繰り返しているところだが(サビはじまってすぐの分数コード、具体的にはB♭のペダルのブーミーなベースがたまらんし、1番と2番の間の短い間奏のペダルが頑なにB♭をキープしつづけているところもシビれる)、このサウンドを聴いていると、21世紀になったばかりの世の中と、30歳を過ぎて父親になったばかりの俺という、世間も自分もパワフルかつアクティブだった頃の開放的な空気と気分がよみがえってくるかのようだ。

だからといって、今の世の中や自分が閉塞的かつネガティブだと感じているわけではないが(でも少しはそれはあるかな?)、そういえば話は全然変わるが、先日亡くなった田中邦衛の追悼番組として放映されていた『北の国から’87初恋』を湯豆腐を食べながら観ていたのだが、この作品は零ちゃん(横山めぐみ)人気が圧倒的かもしれないが、個人的にはこの時期の蛍(中島朋子)が、優しくお兄ちゃん想いでもっとも可愛いと思っている自説を再確認することが出来た。

三文日記

Posted by