シビ辛 罪の声 2022/07/15

「かつや」に行き、シビ辛麻婆チキンカツを食べてみる(まったくシビれなかった)。

現在読書中の『罪の声』が、以前観た映画ヴァージョンとはまた違った面白さがあるので、再び映画の方も観たくなり、観る。

かなり端折られてはいるが、映画版は映画なりにコンパクトによくまとめられていると感じた(それ以上でもそれ以下でもないけれど、無表情顔な星野源の苦悩顔が少しツボ)。

created by Rinker
¥2,000 (2022/08/10 08:12:29時点 Amazon調べ-詳細)

三文日記

Posted by