2本のバリトンサックスを配し奮闘!『ダカール』

2020-11-21

コルトレーンのプレスティッジ時代の作品。
録音は1957年の4月20で、この時期のコルトレーンは、ほぼ毎日スタジオで録音をしていたようだ。たとえば、この2日前の4月18日には、トミー・フラナガンらと『キャッツ』を録音している。
Cats [Import, From US] / John Coltrane, Kenny Burrell (CD - 1990)
Cats
プレスティッジ時代のコルトレーンは、急速な発展途上期というイメージが強いが、この作品も例に漏れず。
セシル・ペインと、ペッパー・アダムスという2本のバリトンサックスを配し、ゴリゴリ低音の中を泳ぐように、テナーサックスで奮闘。
このアルバムのピアニスト、マル・ウォルドロンの曲を中心に演奏された曲群は、そのサウンドの異色さとは裏腹に、けっこう聴きやすい。
John Coltrane ジョンコルトレーン / Dakar 輸入盤 【CD】
John Coltrane ジョンコルトレーン / Dakar(ダカール)
▼収録曲
1. Dakar
2. Mary’s Blues
3. Route 4
4. Velvet Scene
5. Witches Pit
6. Cat Walk

about jazz

Posted by