グレッグ・オズビー=大五郎

2020-11-21

アルトサックス奏者のグレッグ・オズビーは、大の日本通で、特に『子連れ狼』のファンなのだそうだ。
なので、一時期は自分のことを「伊藤大五郎」と名乗っていたうえに、自身の音楽出版社も「ダイゴロー・ミュージック」という名前で登記していたほど。
もちろんカラオケでの18番も「子連れ狼」とのことらしい。
▼ジャケットのイラストは、もちろん大五郎
「子連れ狼」第1シリーズ ミュージック・ファイル [Soundtrack] / TVサントラ (演奏) (CD - 1997)
「子連れ狼」第1シリーズ ミュージック・ファイル [Soundtrack] / TVサントラ …

about jazz

Posted by