アート・サイエンス/ロバート・グラスパー・エクスペリメント

うーん気持ちいい。

最初はハードな4ビートから始まる。

おっ、ロバート・グラスパー、硬派ジャズ路線になったのかな?

と思いきや、次第にリズムは、いつものロバート・グラスパー・エクスペリメント路線に。

しかし、相変わらず気持ちの良いリズムとサウンドですな。

特に《デイ・トゥ・デイ》と《ハリー・スローリー》。

うーん、キャッチー。
うーん、ズルい。

こんなに気持ちよくていいの?ってくらいメロディアスでノリノリ。

なんだ、『ブラック・レディオ』より、こちらのほうが全然良いではないか。

と、個人的には思っておりまする。

なぜか正月に、実家に集結した時、妹と弟にこのCDを1枚ずつプレゼントしちゃいました。

ジャズは全然聞かないけど、センスの良いポップスが好きな2人、そういう人にも安心して、かつ、胸を張っておすすめすることが出来るアルバムです。

記:2019/01/12

ジャズ

Posted by