ブルース・アンド・バラッズ/カーリン・クロッグ

ノルウェーのオスロ出身の歌手、カーリン・クロッグの清涼感溢れるヴォーカルは、ジャズマンとの相性も良い。

スティーヴ・スワロウがベースを弾いた『ウィ・クッド・ビー・フライング』も素晴らしいアルバムでしたよね。

そして、この『ブルース・アンド・バラッズ』では、デクスター・ゴードンが参加。

それだけでも一聴の価値アリ。
(・∀・)b

ジャケットのちょうど中心に位置するデックス。

デッカい!

もちろん、テナー奏者としての音の存在感もデカい!

記:2011/02/28

関連記事

>>ウィ・クッド・ビー・フライング/カーリン・クロッグ

ジャズ

Posted by