マイルス・デイヴィス ビッチェズ・ブリュー/ジョージ・グレラ・ジュニア

ジョージ・グレラ・ジュニア・著の『マイルス・デイヴィス ビッチェズ・ブリュー』。

これを読みながら、実際に聴きなおすと発見だらけ!

おお、ここでテープ編集!

おお、たしかに、ここで延長繰り返し!

などなど、耳でおぼろげに感じていたことを、実際に秒数を用いて活字で説明されると漠然と感じていたことが、具体的かつ鮮明に頭の中に再刻印される!

ま、CDデッキの秒数と睨めっこすることにはなるけれど、普段、聴き慣れていた《ファラオの踊り》が、さらに新たな色と姿をもって浮かび上がってくるのです。

入門本ではなくて、研究本。

マニアが読むと面白いはず!

記:2017/03/11

音楽本

Posted by