シーラス/ボビー・ハッチャーソン

硬質なヴァイヴ。

たしかに、ボビー・ハッチャーソンがたたき出すヴィブラフォンの音色、フレーズ、和音には硬質という言葉がよく似合うかもしれない。

しかし、それだけにあらず。

ハッチャーソンのイメージを「硬質だ」とお思いの方は、このアルバムを聴いて、そのような思い込みは心地よく覆されてみましょう!

ハッチャーソンのヴァイヴ、いや、マリンバ。

とても心地よし。

ボビー・ハッチャーソンの暖かな面が浮き出た一枚ともいえましょう。

ヴィブラフォンよりも、マリンバの比率が比較的高し。

トランペットにはウディ・ショウも参加。

なかなか良いですよ♪

ただし、ウディ・ショウがフルパワーで力量発揮の演奏を聴きたい場合は、モントルーのライブのほうが良いでしょうね。

このアルバムも滅茶苦茶素晴らしい。

▼収録曲
1. ローズウッド
2. イーヴン・レイター
3. ロング・オア・ライト
4. ズリ・ダンス
5. シーラス

記:2015/12/03

関連記事

>>ライヴ・アット・モントルー/ボビー・ハッチャーソン

ジャズ

Posted by