FG量産型ザク制作記

気軽に実験できる名キット

バンダイから最近でたFGシリーズ(ファーストグレード)。

パッケージは旧キットさながら。しかし、中身は旧キットと同等、もしくはそれ以下の料金でありながらも(私はヨドバシカメラで280円くらいで買いました)、内容はまったくのリニューアル、プロポーションも素晴らしいということは、以前作ったFGシャアザクで体感しました。

>>旧キット風新キット FGシャア専用ザクを作ります!

そこで今回は量産型ザクにチャレンジしてみます。

1/144風旧キットのパッケージです。

箱の中。

ランナーを並べてみると、こんな感じ。

で、サクッと素組みを完成させました。

あいかわらず後姿がカッコいい。

余った塗料で下地塗り。
後に塗装する塗料のノリをよくするためのプライマーがわりといったところでしょうか。

タミヤアクリルのスカイとダークグレーをメインに筆塗りして完成!

アクリル塗料の筆塗りはムラと塗り残しだらけの1回塗りで、次からの塗装は油彩で似たような色を作り、塗り残しや中途半端な色合いのところに、ちょんちょんと置いた後、筆で売り伸ばしていきました。

今回もバーントシェンナが大活躍です。

後姿。

アクリル塗料のカサカサとしたつや消し感と、ホワイトを多めに混ぜて作った薄緑とグレーが退色感を強調しているかのようで、非常にボロッちいザクになりました。

ま、お気軽に作れて、失敗を気にすることなく思いきり実験が出来るので、また作ってみたいと思っています。

記:2020/10/16

ガンプラ

Posted by