ジュジュのエルヴィンにも注目!

肉厚なショーターのテナーサックスの音色ももちろんメチャクチャ美味しいのですが、この美味しさにさらに拍車をかけてくれるエルヴィンのドラムも、これまた凄いのです。

もう少し、ドラムのバランスが大きいといいのになぁ、なんて耳を凝らしているうちに、ほんとうにドラムの音しか聞こえなくなってくる。

もしかして、それが狙いだったり?

タイトル曲の《ジュジュ》。

このバックで、複雑なポリリズムをエネルギッシュに連打するエルヴィン・ジョーンズが最高です。

もちろん、コルトレーンのバックで叩くエルヴィンも、基本、《ジュジュ》と何ら変わったことをやっているわけではないのだけれども、上に乗っかるサックスの音色やフレーズが違うだけでも、こうも聞こえ方が違うとは。

「もう耳タコ!」という人も、是非改めてドラムに耳をフォーカスして、いま一度聴いてみてください。

記:2016/09/15

ジャズ

Posted by