クーゲルブリッツ Ⅳ号対空戦車を作ります。

ドイツの四号戦車をベースにした対空戦車といえば、日本ではやはりヴィルベルヴィントやメーベルワーゲンがメジャーなのでしょうが(おそらくタミヤが製品化しているから)、フラックパンツァーⅣ・クーゲルブリッツもなかなか味わい深い車輛だと思います。

突撃砲のように車高の低いシルエットが、なかなか戦闘的でカッコいいのですよ。

なので、よし!作ります。

ドラゴンの1/35スケールのキットです。
タミヤからは出ていない車輛なんですよね。

タミヤさん、ぜひともキット化してください。

カッコいいので、けっこう売れるんじゃないかと勝手に思っているのですが……。

ずいぶん昔に買ったので、パッケージ、色あせていますね。

箱の中はこんな感じ。

大きな透明袋ひとつにパーツがまとめて梱包されています。

その大きな透明袋から小分けにされたランナーごとの透明袋を取り出します。

で、ランナー、エッチングパーツ、デカールなどを並べてみると、意外にパーツ数が少ないことがわかります。

どうも、四号戦車といえば、パーツが多い戦車だというイメージが強いので、意外にあっさりとしたパーツ数に少々拍子抜け、……いや、実際作ってみないとわかりませんが。

まあ、今回も例によって履帯(キャタピラ)組みに一番時間がかかりそうですが……。

記:2020/03/31

関連記事

>>メーベルワーゲン タミヤ1/35 制作記

模型

Posted by