リーチ・アウトのモブレイ擁護?!

ストレート・アヘッドなジャズ好きからも、あるいは、モブレイのファンからも、評価が芳しいとはいえない、ハンク・モブレイの『リーチ・アウト!』。

ジョージ・ベンソン(g)が参加している作品で、アルバムタイトルは、もちろんフォー・トップスのヒットナンバー、《リーチ・アウト・アイ・ウィル・ビー・ゼア》。

ソウルナンバーを演っていることが、裏目に出ている感がなきにしもあらずなのですが、

いやいや、この曲だけで、というか、ソウルナンバーを取り上げているという「こと」のみで、このアルバムが低評価だとすれば、それは勿体無い。

ということで、このアルバムの擁護?的なことを動画で喋ってみました。

興味のある方はどうぞ!

▼『リーチ・アウト!』のレビューはこちらです。
リーチ・アウト/ハンク・モブレイ

記:2019/01/19

ジャズ

Posted by