いまさら聞けない「ジャズの十月革命」って何?

ジャズの歴史書を紐解くと必ずといってもいいほど出てくる言葉の一つに「ジャズの10月革命」がある。

これは、1964年の10月1日から4日間の間、ニューヨークにある「セラー・カフェ」で行われたコンサートとパネルディスカッションのイベント名のことだ。

主催者はトランペッターのビル・ディクソン。

趣旨&目的は当時降盛をきわめたフリージャズの運動を分かりやすい形で提示することで、セシル・テイラーやオーネット・コールマンというフリージャズを代表する旗手が集まった。

これ読むと、当時の空気感というか、当時のシーンではいかに先鋭的な人たちによる先鋭的な運動だったのかということがよくわかるよ。

ジャズの十月革命 (植草甚一スクラップ・ブック)
ジャズの十月革命 (植草甚一スクラップ・ブック)

ジャズ

Posted by