カフェ・モンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

このグルーヴ感がたまらない!ザ・ルーツの『シングズ・フォール・アパート』』

   

音楽性の高い、ヒップホップグループ、ザ・ルーツ4枚目のアルバム。

攻撃性と心地よさが違和感なく融合したサウンドゆえ、一気に聞きとおせてしまうのが魅力。

エッジの立ったサウンドながら、ジャズ心やソウル心を根っこの部分から持ち、深い理解と共感を抱いているリスナーであれば、どこか懐かしさも感じるかもしれないね。

ディアンジェロやジェイディーが音で、コモン、モスデフやエリカバドゥが声で参加しており、よいアクセント。

ジャケ写もなんだか楽しさを通り越した不穏な空気感が醸し出ていてそそるよね。

ちなみに、タイトルはチヌア・アチェベの小説から。

 - 音楽