菊地成孔・大谷能生『東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編』

ジャズ史をひととおり知ってる人も、知らぬ人も、軽い気持ちでグングン読んでいこう!

ま、正直、授業の前フリがウザいところも散見されるけど、まあウザイと感じた場合、章の最初の半ページほどは、飛ばして読めばどうということはない♪

政治も文学もそうだけど、歴史を体系的に俯瞰すると一気に面白くなりだすことって多いんだよね。

ジャズの歴史も、きっとそう。

少なくとも私は、油井先生の本などを読んでジャズの歴史の流れをなんとなく掴んでからのほうが、ジャズが俄然おもしろくなりだしたから。

東大での講義をテープ起こししたこの本は(といっても、後でかなり加筆編集しまくったという話も聞いていますが)、油井先生の本に比べれば、かなりポップ。

だから、軽い気分でさっと読めてしまい、そしてボンヤリとかもしれないけれども、ジャズの歴史と、各歴史の要所要所のイメージが少なくともボンヤリと把握することが出来るので、なかなか軽やかな知的興奮を味わうことが出来るのです。

音楽本

Posted by