カフェ・モンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

マーダー・オブ・ラヴ プロパガンダ

      2023/02/06

我が青春の一曲とでもいうべきか。
プロパガンダの《ドリーム・ウィズィン・ア・ドリーム》と《マーダーズ・オブ・ラヴ》。

Propaganda - Dream within a dream (live)

Propaganda: Murder of love - "Outside World Tour' 1985

重い。
ひたすら重い。
特に《マーダー・オブ・ラヴ》がね。
うーん、ドイツ(謎)。

ドラムの垂直叩きがチャーミング(笑)。

私がたしか高校二年生の時かな。
お年玉でようやくCDプレイヤーなるものを買いまして。
当時は高かったんだよね、CDプレイヤー。

通常15万円、10万円がザラだったんだけど、ようやく10万円を切るプレイヤーがようやく表れたので、飛びついたわけです。

しかし、プレイヤーだけ買ったところで、聴く音源がなければ意味がない。

だから、2枚だけ一緒に買ったんです。

その1枚がプロパガンダの『ア・シークレット・ウィッシュ』。
そしてもう1枚がジャパンの『錻力の太鼓』。

プロパガンダの楽曲は、特に《マーダー・オブ・ラヴ》に顕著なんだけど、シロフォン(ヴィブラフォンかな?)が大活躍。
これなくしては、この曲の魅力は半減していたことだろう。

それと同様に、買ってしばらくしてから気が付いたんだけど、もう1枚のジャパンの『錻力の太鼓』も、曲によっては木琴が大活躍。

木琴、いいよね。

と同時に、プロパガンダもジャパンもベースはウォルだしね。

この共通点は、たまたま偶然なんだけど。

でも、私の無意識の好みが引き寄せた必然だったのかもしれない。

 - 音楽