カフェ・モンマルトル

高野雲の雑記帳。音楽・映画・読書・模型。

雑想 2009年4月

      2021/12/19

夕日にクレーン

昔から、なぜかクレーンと電信柱には妙な郷愁を覚える私。

あ、あと鉄塔も同様ですね。

だから、たまに心の琴線に触れるクレーンや電柱を発見すると
ついつい写真を撮る癖がついちゃっているんですね。

で、デジカメに残っていた画像、
夕日にクレーン。

もう1枚、同日の別テイク。

[caption id="attachment_74479" align="alignnone" width="300"]

デカいぜ太陽。
沈むな太陽。

クレーンがお前を引っ張りあげるぞ。

いやぁ、クレーンウォッチングって本当にいいですねぇ。

クレーンガール・岡田舞子さん

今週号の『L25』。

「働くL25世代の現場をちょっと拝見! お仕事mode」というコーナーで今回取り上げられている職業は、「クレーンオペレーター」。

おお、思わずページに引きずり込まれる。

紹介されているのはクレーンオペレーターの岡田舞子さん。

メディアファクトリーから『クレーンガール』という本が出ているので、ご存知の方も多いことでしょう。

クレーンガール

オビのキャッチコピー「建設現場の紅一点、天空で働く」がイイね。
特に「天空で働く」の箇所が。

148センチの小柄な岡田さんが、購入すると億単位というクレーンを自在に操る!

かっけぇ~!

そのクレーンはOTA-600Nという機種で21トンもの荷物を扱えるとのこと。

すげ~!

しかも、運転室までの40mはハシゴで10分以上もかかるという。

そんなにかかるんだ!
下見られませんな……

彼女が手がけた有名な建物は、東京入国管理局庁舎。
これまでに9棟の高層建築を手がけたという。

入社9年目で、教習所に通いクレーン運転士の免許を取得したとのことだが、クレーンの教習所に通えば、資格をとることとは別にUFOキャッチャーもうまくなるのかな? 

だって、クレーン作業ってミリ単位で荷を操作する腕前も要求されるそうだから。

クレーン作業は1日10時間。

クレーンの運転士は、1日中1人で運転室にいられるので気楽とのことだが、1人になるのも好きな私にとっては、なかなか羨ましい職種だ。

でも、大雑把で細かい作業が苦手な私には無理な職業だな~。

やっぱり、クレーンは見ているのが楽しい。

でも1度は運転室の中にはいってみたいです。

[amazonjs asin="4840126550" locale="JP" title="クレーンガール"]

この電柱、真下からのアングルもたまらん

直角!

[caption id="attachment_74482" align="alignnone" width="300"]

この配線っぷりがたまらん(笑)。

白いマンション、水色の空。
グレーの電柱、
美しい調和。

2009/04/24

エルヴィン・ジョーンズがリーダーのピアノトリオ

ドラマーのエルヴィンがリーダーのピアノトリオ。

演奏が比較的あっさり目に感じるのは、トミフラのセンスによるものか。

とはいえ、トミフラとエルヴィンの組み合わせで駄盤はないので、聴いているうちに、じわじわと染みてくることはたしか。

地味なる名盤。
味わい深い演奏。

▼パーソネル
エルヴィン・ジョーンズ(ds)
トミー・フラナガン(p)
リチャード・デイヴィス(b)

▼収録曲
1. イエスタテイズ
2. イフ・アイ・ワー・ア・ベル
3. ムーン・リヴァー
4. ウォーム・ヴァレー
5. ジョシュ

[itemlink post_id="129974"]

曇り空と鈍鉄

[caption id="attachment_74470" align="alignnone" width="300"]

にぶてつ(鈍鉄)とは、
私の勝手な造語なんだけど、
ボロい鉄、古びた鉄、オンボロ一歩手前の
鉄骨や鉄の塊を見ると、
おおおおお、っと子供の頃から
気分が静かに高揚したものです。

このクレーンも同様。

なんか鈍いけど力強い。

曇り空が力強さをよりいっそう引き立てています。

ありふれたクレーンの力強く美しいアングル

正面より少しだけ斜めの角度から見た
クレーンのフォルムは
力強く、とても美しい。

[caption id="attachment_74472" align="alignnone" width="300"]

町でよく見るありふれた赤白クレーンだけど、見る角度によっては、新しい発見があったり、また、その発見が新鮮だと、この新鮮さが生きる力にもつながるのです。

ちょっと大げさ?

クレーンの先端、赤と白。

雨の日は青空が恋しい。

青空続きの日は1日ぐらい雨の日があってもいいじゃないかと思う。

[caption id="attachment_74474" align="alignnone" width="300"]

[caption id="attachment_74475" align="alignnone" width="300"]

青空に映えるクレーンの先端、赤と白。

柔らかな微青空に対して一直線に起立!

美しい。

坂本龍一の曲は《美貌の青空》だけど、この空の場合は「微妙な青空」なのかな。

クレーンヒップ

クレーンのキュッと出たお尻がセクシー。

[caption id="attachment_74468" align="alignnone" width="300"] SANYO DIGITAL CAMERA

正直、人間の女性のお尻よりも、見入ってしまいます。
(あっしは変態か?!)

たとえば、私は、一式陸攻を斜め後ろから見ると、切ない美しさを私は感じてしまいます。

それと同様に、下から見上げたクレーンの斜め後ろ姿のシルエットもなかなかそそるものがあると思います。
(やっぱり、あっしは変態か?!)

アラモアナのデカクレーン

たしか、数年前にハワイに行ったときに、アラモアナSSあたりで撮影。

でかすぎて、どこから撮っても、必ず屋根などの遮蔽物が被写体の中に入ってしまった記憶がある。

にしてもピンボケ。

雨が降っていて、傘をさしながら撮ったような記憶がある。

電柱のかわいいトランス

なんだかかわいいトランス。

目ん玉飛び出た怪獣ガンザみたい。
ウルトラマンタロウの怪獣ね。

なんとなく日本っぽくないカタチ。

なんとなくベルギーの香り。

もう少し青味がかったグレーだともっと可愛いんだけど。

 - 雑想 雑記